駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【不要論】年賀状は必要?不要?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

年賀状、最近出していますか?


年末まであと1週間です。今年も早かったですね~
そろそろ仕事納めも近づき、年末の帰省などに向けた準備が始まります。

さてこの季節になると憂鬱なイベントがあります。

それが年賀状です。

私は学生時代から、この年賀状文化が大嫌いでした。
昔から年賀状不要論を唱えています。



嫌いな理由①めんどくさい(笑)


のっけから、コレですみません(笑)

年末くらい自由に過ごしたい訳ですよ。
それなのに年賀状を書くのに結構な時間を取られる。
高校生くらいの時にはもう年賀状はほぼ書かなくなっていました。

母に書きなさい、と言われても

「だって携帯電話でメールすればよくね?」

と言い放ち無視。当時からクソみたいな性格でした。

だいたい年末の休みの時間はゲームに費やしたかったのですよ。
高校生当時はダビスタ99に熱中していたもので・・・(笑)
年賀状を書いている暇があったら少しでも選別に時間を掛けたかったのです。

そんで年賀状を書かなくなって、今に至ります。




嫌いな理由②どうせすぐに会うじゃん


これが子どもの頃から不思議で。
学校で終業式があって、短い冬休みに入って、すぐにまた始業式。
たった2週間くらいの休みの間に、年賀状のやり取りする必要があるのかと。

会社に至ってはもっと短い休みですよね?
ついこの間まで顔合わせていた同僚や上司に、わざわざ挨拶する必要あるのかと。

意味不明です

同僚や上司なら、用があれば電話もメールもします。友達も然り。
メールやSNSが発達したこの世の中において、わざわざ年賀状なんかで
連絡を取る必要性が理解できません。

かつて。まだ携帯電話もない時代なら年賀状の価値はあったでしょう。
遠方に住んでいる友人とのコミュニケーションには有効であったかと。
電話より安上がりですからね。

今は違います。連絡取りたきゃLINEがある。近況知りたきゃFacebookTwitterがある。
便利な世の中になったものです。年賀状を使う必要性は皆無です。




嫌いな理由③紙のムダ


ペーパーレスは社会の流れです。
様々な紙が電子化され、生活に溶け込んでいます。

・会議資料
・請求書
・ゲームの説明書
・書籍
・新聞

書籍なんかは、電子書籍が発売された当初は、印刷業界を中心に

絶対に流行らない!紙の方が読みやすい!!

とか言われていましたが、電子書籍はすっかり浸透しています。
まだまだ読みにくい時もありますが、これも技術の進歩で解決していくでしょう。

新聞はもう電子の方が読みやすいですね。
楽天証券の口座を持っていて条件を満たせば日経新聞がタダで読めるのですが、
同時に日経テレコン(データベース)を使って過去記事を検索できます。
キーワード検索もできます。電子版の方が使いやすい典型例ですね。

ちょっと脱線しましたが、要は紙がどんどん無くなっていくという
世の中のトレンドは変わらないと思うのです。電子の方が便利でエコです。

紙を作るために樹木が大量に伐採されるせいで自然破壊を起こしてしまっています。
人類はそれを是正するためにペーパーレス社会を目指しています。

その中で年賀状なんて文化は非効率で無駄な文化に思えてなりません。




でも良い面もあるよね



強いて言えば、手書きの文字には心が宿っています。
気持ちを込めて書いているか、そうでないかは字を見れば分かります。

丁寧に書いてくれていると、返信したくなりますね。
最近どうしてる?元気しているか?って。
なんだか温かい気持ちになりますね。

特に遠方の友人や大学の後輩からの年賀状は嬉しいですね。
すっかり忘れていた人からも不意に届いたりします。
忘れているのは俺だけだったということですね。ごめん。
久しぶりに会いたくなっちゃいます。

まぁ

結局LINEで返信するのですが(笑)

だって年賀状とか1枚あたり高いし・・・
LINEとかなら無料だし・・・






以上、年賀状に関するお話でした。
ただの雑談です。お気になさらず。
ではでは。