駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

世代間対立について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャッチ


こんな記事を見かけたので、ふとこの話題について触れてみたくなりました。


<



「バブル世代」


会社の中ではもう中間管理職になっている世代ですね。

彼らのエピソードを聞くと、心の底から羨ましいと思ってしまいます。

そんなバブル世代に襲いかかる悲劇を紹介した記事です。

要約すると

・バブル世代がリストラ対象になっている

・彼らの賃金水準高く、経営を圧迫している

・また若い世代に比べて、デジタル対応についていけないのも原因かも

・残るも地獄、去るも地獄だね。可哀想に。


という内容です。

煽り記事ですね(笑)

だって、リストラ対象はいつだって、

中高年層の高所得層になるわけで。

んで今の時代においての中高年は、たまたまバブル世代な訳で。

タイミングの問題です。

バブル世代は確かに楽をしたかもしれない。

氷河期世代と比べたら、社会から受けた扱いは雲泥の差でしょう。

でも自己努力した人は、スキルを身につけた人はそう簡単にリストラされません。

リストラ対象になる人は、その努力を怠った人たちです。

もちろん不幸にも結果を出せなかった人もいるでしょうが。



人は大概、自分たちの方が他の世代より優秀だと思いこむフシがある。

そうやっていつの間にか、人をフィルタリングしているのです。

「自分たちが若い頃は~」

なんて話、後輩とかにするようになっていませんか?

「こいつは○○世代だから~こんなこともできないのか」

なんて考え方に陥っていませんか?

この考え方がエスカレートして、同じ世代で固まりだすと

そこには立派な対立が生まれます。

例えば・・・・

ゆとり世代の若手が、仕事でミスをしたときに

ゆとり世代は使えない、一方で僕らは厳しい時代を生きてきたから優秀だ」


なんて周りが言っているところ、耳にしたことありませんか?

こういう考え方から、世代間対立は始まります。

オフィス内の雑談でも、こんな話が聞こえ出したら要注意です。

でも思いませんか?

ゆとり世代であろうと、バブル世代であろうと、優秀な人は優秀です。


そんで、どの世代であろうと馬鹿は馬鹿です(笑)


世代フィルタリングは不要



世代なんてつまらない括りで見るのをやめて、

個人・個性をもっと見るようにしたいですね。

個性って本当に面白い。

仕事の進め方、普段の仕草、考え方、参考になることも多いです。

良いなと思うことは取り入れて、悪いと思うことは取り入れない、

たったそれだけのことです。

そこに、その人の年齢や、まして世代なんて関係ない。

世代フィルタリングなんて、不要なのです。

まとまりのない話ですみません。

でもやっぱり、世代間の対立を煽るような記事を見て、駄文ですが意見を述べたくなりました。



私のモチベーションの源泉の一つです。ポチッていただければ幸いです

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村