駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【銘柄分析】XOM(エクソンモービル)の銘柄分析

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

XOM エクソンモービルとは?

XOM(エクソンモービル)は古くから存続している

エネルギーセクターの雄です。

エクソンモービルは世界200カ国以上で事業を展開している。
21カ国に38の石油精製所を展開し、毎日の石油精製量は630万バレルである。

エクソンモービル保有している石油埋蔵量は2007年末で720億バレル換算とされ、
現在の生産量で14年以上持つと予想される。

前身であるエクソンとモービルは、ともに第二次世界大戦後から1960年代まで、
石油の生産をほぼ独占状態に置いた「セブン・シスターズ」と呼ばれる国際石油資本(メジャー)の1つであった。

元々は2社とも、ジョン・ロックフェラーが1870年に設立したスタンダード・オイルの流れを汲む企業である。
スタンダード・オイルは、1911年、 アメリカ連邦最高裁により独占禁止法違反で解体命令が出され、
34社に分割する判決が下された。

分割された34社のうち、ジャージースタンダード(スタンダード石油会社ニュージャージー)が最終的に
エクソンに、ソコニー(スタンダード石油会社ニューヨーク)が最終的にモービルになり、
1999年に両社が合併してエクソンモービルとなった。

現在のエクソンモービルは、エネルギー資源の探鉱・生産、輸送、精製、販売までの事業を
垂直統合で一括で行っている。 (引用:Wiki Pedia)

自分で考える文書より、

Wikipediaの方がよっぽどまとまった文書だった・・・(涙)

競合企業は

シェブロン(CVX アメリカ)
ロイヤルダッチシェル(RDSB オランダ)

・BP(イギリス)
でしょうか。

基本データ

社名 エクソンモービル(Exxon Mobil Corporation)
ティッカー XOM
本社所在国 米国
セクター エネルギー
連続増配年数 37年
配当利回り(2020/03/02時点) 6.99%
配当月 3/6/9/12月
EPS $3.78
連続EPS増加年数 3年
1株配当 $3.48
配当性向 92.06%




連続増配年数が37年となっており、

米国株らしい株主還元に積極的な企業となります。
またエネルギーセクターということもあり、
これまでの歴史で投資家にはあまり期待はされないながら、
株主に大きなリターンをもたらしてくれたことで有名な
「シーゲル銘柄」の一つです。


XOM(エクソンモービル)の売上データ

f:id:sasfan:20200302114732p:plain

XOMの売上データ

XOMのこの6年間の売上など業績をまとめてみました。
ご覧の通り業績は安定はしていません。

これは原油価格が業績に直結するからです。


それでも2016年~2018年の間は業績を向上させていたのですが、

2019年は売上と営業利益も前年比減となってしまいました。

原因はハッキリと「原油安」です。

 

XOM(エクソンモービル)の配当金、配当性向など

f:id:sasfan:20200302120242p:plain

XOMのEPS、配当金、配当性向など

XOM(エクソンモービル)のEPS、配当金、配当性向のグラフです。
こちらも同じく直近の6年間のデータをグラフ化しました。

業績好調だった2014年を最後に配当性向がグンと上がっています。
オールドエコノミーの王様たるXOMは37年連続増配中ですが、

これから先も原油価格が低迷するとなると連続増配は危ういかも。

 

XOM(エクソンモービル)は買い時か?

XOM株価

XOMのチャート

XOM(エクソンモービル)の直近10年間のチャートです。
ここ最近の原油価格の下落により株価は絶賛(?)低迷中です。

株価下落に伴い、配当利回りは6%超から7%台を伺うところまで

上がってきています。インカムゲイン重視の投資家にとっては

眩しく輝く宝物のような銘柄になっています。

これで37年連続増配なのだから余計に眩しい(笑)

ちなみにRSIを見るとXOMは売られ過ぎの領域に入りつつあります。

 

現時点での私の判断としては「買い」です。
明らかに下げ過ぎの雰囲気があります。
コロナウイルスショックで市場も弱気ですが、
エネルギーセクターはもっと株価が高くても良いのでは。

まぁ配当金再投資を重視するスタイルな私は、

これからも配当金をチマチマとみみっちく(笑)

徐々に投資していきたいと思います。

まとめ

XOMは高配当利回り、連続増配銘柄、シーゲル銘柄ということで
配当金再投資やインカムゲインを重視する投資家から非常に人気のある銘柄です。
現状は株価低迷中ですが、エネルギーセクターはそもそも

・成長を期待されていない
・設備投資も金がかかるし、利益率も決して高くない(他業界と比べると)
原油価格次第で業績が激しく変動する(政治リスクが高い)


等々・・・不人気で、株価が低い状態で放置されやすいです。
投資家にとっての旨味はそこにあります。
投資の際はPERなどの投資指標やRSIなどのモメンタムなど、

自分で考えて投資をしましょう。

ブログとかで買い時と書いてあったから・・・とか

利回りが高いからとりあえず買う・・・とか

そういう曖昧な投資ではなく、

なぜ今買ったのか

を説明できるような投資をしましょう。

それが出来ないと後悔することを10年以上の投資歴で学びました。


私のモチベーションの源泉の一つです。
ポチッていただければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村