駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

2019年冬ボーナスに見る企業格差

スポンサーリンク

スポンサーリンク


GWake0I9A8796_TP_V









2019年冬ボーナスの平均額は

経団連の発表によると、加盟企業の冬のボーナス平均額が


96万4543円(過去最高)



となることが分かった(※11/15読売新聞の記事を参照)

経団連加盟企業ということは、日本の名だたる大企業と呼ばれる企業が多く集まっています。

よって大企業の冬ボーナス平均と考えるべきでしょう。








じゃあ中小企業の平均は?

2019年冬のデータはまだ出ていないようですので、参考までに2018年冬の中小企業ボーナスについて

大阪シティ信用金庫

が発表したデータを参考にすると

27万6486円

とのこと

。ただしこれは大阪の中小企業を対象にしているので、
都内など全国平均ではありませんので、あしからず。

大体、1~2か月分の間くらい、といった感じでしょうか?







中小企業はなぜボーナスが低い?

これは

企業の収益力の差

です。

また福利厚生なども含めた格差も非常に大きいです。

住宅手当や家族手当、あなたの働いている会社にはちゃんとありますか?

こういった手当の有無もかなり年収に響いてきます。







年収アップは必須⇒倹約と投資をしよう

私が前職で営業マンだった際、顧客先の印刷工場に伺った際のこと。

その工場長はもうすぐ50歳でしたが、年収は450万前後、ボーナスは15万(年間!)

と仰っていました。

僕は言葉が出ませんでした。

社会人になって3年目の僕の年収が500万を超えていたからです。

年収が低い、と感じているなら、今から出来ることは2つです。

①倹約

②投資によるインカムゲインの確保


です。

①の倹約について

・外食を減らし弁当持参にする

・コンビニで買い物しない

・格安スマホを使う


これだけでもかなりの年間コストを減らせます。

特に私は以前ドコモを使っていた際は、通信料と本体代金含めて月8,000円以上払っていましたが、

格安スマホに替えて本体代金含めて月2,000円以内に収めることができています。

年間6万円以上のコスト削減です。

倹約=生活レベルの低下と思うかもしれませんが、意外とそうではありません。

「なんだ、あんなお金使う必要なかったじゃん」と思うことの方が多くなりますよ。

そして①の倹約で浮いたお金で

②投資

を行います。

高配当株やETFに投資を行い、インカムゲインを得るのです。

基本給を年間1%高めるのは大変ですが、その1%分をインカムゲインで賄うことは難しくありません。

年収400万、その1%は4万円

倹約で浮いたお金を貯金し、また元手を多少足して100万円を

利回りが4%の株に投資すれば、4万円のインカムゲインが手に入るのです。

まとめ

年収が低いと思っているのなら、嘆く前にやれることをやりましょう

①倹約してコストダウン

②投資してインカムゲインGET

これだけでも人生変わります。本当に。

そして可能なら転職しましょう。

もっと条件の良い会社、世の中にありますよ。