駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【銘柄分析】SPYDについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

SPYDはS&P500高配当指数連動型ETF

まずは基本データをどうぞ!

 

連動指標 S&P 500® 高配当指数
経費率 0.07%
配当利回り 4.0~5.0%付近
配当月 3/6/9/12月

SPYD概要

SPYD概要


SPYDは低コスト・高利回りを実現しています。
S&P500の株式の中から、特に配当利回りの高い

上位80銘柄に均等分散投資を行うETFです。

均等分散投資、という意外と珍しい投資方針です。

 

SPYDはどんな銘柄に投資している?

SPYD構成上位銘柄

VYMやHDVとはまた全然違った構成銘柄になっています。

ゼロックスやターゲットなどが上位にランクインしているあたり

高配当株式ETFの中でもSPYDはかなりクセが強いことが分かります。

ゼロックス(XRX)については

 前職との縁で銘柄分析を行っています。

 

www.selfdrip.com

 

SPYDのセクター構成比率は?

SPYD構成セクター比率

SPYDはクセがありまして「不動産」「一般消費財」「公益」が

上位3つを占めています。特に不動産、公益、というあたりが

高配当株式ETFの中では相当珍しいのです。

下記は競合商品となるVYMとHDVのセクター構成比率です。

比較してみると非常に興味深いです。

 

VYMセクター構成比率

HDVセクター構成比率

如何でしょうか?

VYMは「金融」「一般消費財」「ヘルスケア」

HDVは「エネルギー」「通信」「ヘルスケア」

となっています。

 

SPYDのセクター構成比率はかなりクセがあり、

HDVなどと組み合わせてセクター補完をしても良いかもしれません。


配当金について

SPYDの配当金と配当日については以下の通りです。
落ち日から支払日までが短いのはETFの特徴でもありますね。
※個別株は支払日が翌月になる場合が多い。
日本株は3か月くらい後になる・・・・

配当額 配当落ち日 配当基準日 配当支払日
0.4972 2019/12/20 2019/12/23 2019/12/26
0.4447 2019/9/20 2019/09/23 2019/09/25
0.462 2019/6/21 2019/06/24 2019/06/26
0.3394 2019/3/15 2019/3/18 2019/3/20

 

年間配当金額と増配率の推移です。

設立されて間もない商品ですので、グラフもこれだけです。

一回減配はしていますね。

高配当株式ETFは割と減配するので、

その点は割り引いて考えておく必要があります。

SPYD 配当金と増配率


SPYDの運用成績は?

Portfolio Visualizerによるバックテストの結果です。

上からSPYD,VYM,HDV

バックテスト結果

 上のバックテスト条件は2015年~2019年間での運用で

配当金再投資込みです。比較インデックスとしては

バンガードS&P500指数としました。

パフォーマンス順に並べると、

 

S&P500指数>SPYD>VYM>HDV

となります。


どの高配当株式ETFもS&P500指数には劣りますが、

概ね良好な成績を残しています。


SPYDは運用開始年が2015年9月と比較的新しいファンドですが、

運用成績は素晴らしい、といえるでしょう。

ただしリーマンショックなどの恐慌状態を経験していない

銘柄でもありますので、その点は割り引いて考えておきましょう。

まとめ

 

私のポートフォリオ内においては全体の25%前後を

VYMとSPYDの2つで占めています。
現状ではVYM>SPYDというシェアなのですが、

今後はVYM=SPYDまでもっていこうかなと思っています。

インカムゲインという観点からすれば、

紛れもなく優秀なETFですよ。