駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【毎月配当】米国株と日本株で作るポートフォリオ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

表題の通り、米国株で毎月配当ポートフォリオを作るのにはどうしたらよいか?

分かりやすくまとめました。


ちなみに米国株は若干異なる場合もありますが、個別株については配当落ち日から大体1か月以内に配当金が支払われます。

 

例):MO(アルトリア) 2019年9月13日配当落ち、同年10月10日に支払期日

 

またVYMなどのバンガード社ETFは月下旬落ち日のその月の内か、遅くとも翌月初旬までに支払期日と、落ち日から支払いまでの期間が極端に短い特徴があります。

 

 

●1/4/7/10月配当グループ

 

MO,PM,MRK,CSCOなど

 

 

●2/5/8/11月配当グループ

 

PG,ABBV,VZ,Tなど

※マッキーノは、特にこの月の配当金が少ないので、買い増しを進めていきたいです。

 

●3/6/9/12月配当グループ

 

JNJ,SO,XOM ETFではVYM,HDV,SPYD,VTI,VTなど


日本株ならKDDIJTなど




1/4/7/10月2/5/8/11月3/6/9/12月
MOPMPGABBVJNJXOM
MRKCSCOVZTVYM,SPYDJT,KDDI



こうやって眺めて、毎月配当を狙おうとすると買いたい銘柄が見えてきます。

例えば

①MO

②VZ

VYM or SPYD +JT orKDDI 

の計4銘柄を買っておけば毎月配当を狙えます。

これに毎月配当の債券ETFであるBNDを加えれば、配当金に厚みが増します。

大切なのは得た配当金を再投資することです。

再投資して資産が増し、次の配当はさらに多くなります。雪だるま式に大きくしていくのです。

配当金を少しでも多くして不労収入を毎月受け取りましょう。