駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【悲報】誤ってKDDI全株売却してしまった【長期保有優遇が・・・】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マッキーノです。


タイトル通りなのですが、やってしまいました。


長期保有優遇を受けるために、というか配当金再投資を方針としているため原則として

株の売却はあまり行わないのですが、税金調整のために一部売却しようと考えていました。


年末にかけてJTの損だしを行う予定だからです。

税金を少しでも節約したいな、と・・・


ただ仕事柄、24時間勤務解放後の電車内でポチポチ携帯を操作。

そして悲劇は起きました・・・


KDDI全株売却

しめて約37万ほどの利益・・・↓↓


利益を得て何をガッカリしているかというと、

予定より多くの利益を得てしまった=税金が多く取られるからです。

年末の損出しに向けて余計なことをしてしまったのです。


【損出し】とは?


配当金や株式取引で利益を出している場合、

そこに20%の税金が発生します。(NISA口座は非課税)


例えば100万円の利益が出ていたら、20万円の税金(①)がとられています。


そこに損失の出ている株を50万円売り、損失を確定させます。


年間の利益・損失を合計すると

100万円(利益)‐50万円(損失)=50万円(今年の利益総計)


この利益総計50万円にかかる税金は10万円(②)です。


先に支払っている①の税金と今年の本来払うべき税金②を比べると、

①の額が大きく、税金を多く払いすぎていることが分かります。


よって過払い分の10万円を取り戻すことができる、という内容です。


今年はJTが大幅に下げてくれたので、利益確定分とJT損失分を加算して、

限りなく0円に近づけるように調整を試みていました。


そういうタイミングでKDDIの利益を多めに確定させてしまったので、

計算が狂ったのです。


仕方ないので、KDDIは2,000円台に落ちたタイミングで拾いなおします。

また得た利益分でVYMSPYDを買い増す予定です。