駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

投資指標について【PER編】

スポンサーリンク

スポンサーリンク


マッキーノです。

 

突然ですが、投資指標のPER(株価収益率)についてしっかりと理解されないで

投資をしている方いらっしゃいますか?

 

 

株価(Price)が収益(Earnings)の何倍であるかを表している指標です。

計算式は株価÷1株あたり収益です。

株価が5000円、1株あたり収益が500円ならPERは10倍であり、

利益の10倍が株価になっているということです。要するに

1株買えば10年で元が取れるという考え方になります。

 

さて、「何それ?役に立つの?」と思った方も多いのではないでしょうか。

でも投資経験が3年以上ある方はこう思う方も多いはずです。

 

「もっとPERを確認しておけばよかったorz」

 

かくいう私も投資を開始した初期においてはPER見てませんでした。

そして高PER株に手を出し失敗しました。

 

なぜ高PER株に手を出すと火傷するのか、失敗するのか。

理屈を説明すると長くなりますので、まず基本的なルールだけ覚えて下さい。

 

①PERが低い株ほど株価は割安です。

日本株においては15倍以下かどうかを一つの尺度として

  見てみるとよいでしょう。

③米国株なら20倍以下かどうかが基準になりそう。

 

日本株についてPER15倍以下かどうかを基準にする理由は

これまでの日経平均の平均PERが14~16倍だからです。

ちなみに2/1(金)現在の日経平均のPERは12.04倍です。

 

米国株については下記の図をご覧ください。



SP500 PER

S&P500のPERの推移です。

サイトはこちらを下さい。大体20倍を超えると調整される(下がる)ことが分かります。

今20倍超えてるじゃん!(調整されそ~・・・)

 

最後にPERの弱点について申し上げます。

 

実はPERには「実績PER」と「予想PER」があります。

 

「実績PER」は前期実績(確定した利益)を元に算出しています。

 

「予想PER」は企業が決算時に発表する予想利益を元に算出しています。

 

予想PERを参考にするのが一般的です。

前期の数字は「過去の数字」であるからです。

 

そして予想は、予想です。

 

なので予想利益がどれほど信用できるのかが重要です。

 

ゆえに僕はこれまでに予想利益という一種の約束を

ある程度しっかりと守ってきた大企業株が好き=信用しています。

 

以上、PERはあくまで指標です。絶対の判断基準ではありませんので、ご注意ください。

でも低PER株は高PER株のパフォーマンスを上回るというデータもあります。
シーゲル先生の緑本を参考にしてください。