駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

8月度の配当金とポートフォリオ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

8月度の配当金について

 

8月度の配当金は以下の2銘柄から配当金が入金です。

 

BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

VZ(ベライゾン

 

配当入金額は296.96ドル(税引前)。

日本円換算(1ドル=110円)で約32,666円

 

税引き後は257.16ドルでしたので、

手取り収入は日本円換算で約28,337円でした。

 

BTIは投資比率が多くなっており追加投資はしませんが、

VZはもう少し買っても問題ない割合です。

 

米国株ポートフォリオ

 

米国株ポートフォリオです。

BTIとVZの配当金をそれぞれ再投資を行い、

月例投資でSPYDを少し買い増しを行いました。

 

銘柄名 保有株数
VZ 123株
VYM 60株
MSFT 20株
BTI 324株
SPYD 474株
GSK 130株
MO 210株
XOM 94株

 

日本株ポートフォリオ

 

日本株については先月から売買を行っておりません。

とりあえず中間配当落ち日まで保有継続の後、

必要があれば売買を行います。

 

銘柄名 保有株数
三菱商事 204株
オリックス 200株
日本電信電話 101株
KDDI 211株
三菱UFJG 363株

 

相場雑感

 

日経平均が3万円の大台を再び突破しています。

市場は既にアフターコロナを見据えて動いていますし、

コロナワクチンの2回目接種率が半数を超えたとのニュースもあり、

これも(短・中期では)市場にとって好材料になるでしょう。

 

ただ好調な市場には投資歴の浅い方たちも積極的に参加してきます。

怖いのは

①資金を多めに持っている中高年の投資初心者が信用取引に手を出す

※最近はやりのブル3倍とかのレバレッジETFに手を出す

 

②証券会社の営業マンの言いなりで買ってしまう

 

③銀行(!)の窓口で高コストの投資信託を買ってしまう

などのケースです。

 

皆様の周りにこういった方がいたら是非止めてあげましょう。

今みたいに堅調な市場では特に「自分には投資の才能がある!」と

勘違いしやすいので、コロナショックのような暴落時には無事死亡します。

 

初心者はインデックス投資して自身の投資嗜好を知る

 

株式投資の世界においては既に80点の答えが出ています。

 

市場平均を買うこと(要するにインデックス)

 

初心者の方はまずコレにつきます。
インデックス投資で確実に資産を増やしつつ、

自分の投資嗜好を掴んでほしいと思います。

 

投資嗜好というのはインデックス投資だけで満足できるか。

物足りないならば、一つ一つの企業が気になる、企業そのものに魅力を感じる、

という気持ちをお持ちになっているかと思います。

そういった方はぜひ個別株投資に挑戦してほしいと思います。

 

個別株投資の魅力はその企業の業績を分析し、その企業の永続性(成長)

に投資することです。永続性に賭けるということは必然的に長期投資になります。

ぜひ短期的な目線ではなく長期の目線で企業を分析してみてください。

 

個人的な話で恐縮ですが、

これまでリターンを上げてきた銘柄を考えると

 

・その業界への参入障壁が高く

 

・生活必需品など景気に需要が左右されない業界で

 

・トップ3までの企業

 

のリターンが安定して高くなる傾向にあると思います。

参考までにですが、国内株では花王KDDI、NTTあたりがオススメでしょうか。

 

株価を見て売買するよりも、バイ&ホールドのほうが絶対リターンはいい」 データと統計を駆使するhiroakitさん:個人投資家列伝(4)(1/2  ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

 

最後に本当にただの雑感

 

アメリカは接種率の伸びが滞っています。

宗教上の問題で反ワクチン派も多いようで本当に大変そうです。

 

こんな場末のブログでは反ワクチンがどうこう、について述べることはありません。

ただただ、こんな面倒な社会を脱して元の生活に戻りたいですね。