駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【月例投資】BTIに投資しました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

12月のフリーキャッシュでBTIを購入しました

 

まだまだしがない鉄道員である私は、月々の給与から経費を差し引いて

余ったお金(=フリーキャッシュ)で投資していくしかありません。

 

基本的に月々チマチマしたお金を投資する訳で、

そういった場合は1株から購入できる米国株が積立に最適です。

 

といっても、今では国内株もSBIネオモバイル証券で投資できるようになりました。

なので国内株も月例投資の対象先として、銘柄をウォッチしていきたいと思います。

 

さてBTIですが購入株数は18株、BTIの保有株数はこれで212株です。

 

 

www.selfdrip.com

 

 

BTIに偏りすぎてもいけないのですが、高配当のADR銘柄の筆頭銘柄たる

BTIは引き続きNISA枠を埋める主役として活躍してもらいたいです。

まだまだ低バリューですし、企業価値より株価はずっと低いと思います。

 

f:id:sasfan:20210110073552p:plain

BTIは配当込の総合リターンで市場平均を大きく上回る

上の図は、配当金を再投資していった総合リターンでの

BTIとS&P500のパフォーマンス計測です(1985年~現在まで)。

 

BTIは市場平均(S&P500)を総合リターンで大きく上回っています。

 

 

www.selfdrip.com

 

 

「これから先はどうだろう?」

 

この疑問は個人投資家レベルでは想像しかできません。

”予測”するのは不可能かと考えています。

プロほどの知識、業界情報網は持ち合わせておりません・・・。

 

ですが

 

悲観的な考えに支配された相場こそチャンスである

 

という言葉が市場ではよく言われますが、

これから先コロナウイルスの影響で相場が

再び暴落した時、前回同様に機械的に買い増しを行っていきたいです。

 

株式投資で安定的なパフォーマンスを残すのは難しいですが、

長期的に利益を出していきたい、ということでしたら

 

「長期保有

 

一択です。

企業に投資するということは、長期的に継続して企業が伸びていくと

信じて、先々の利益の分配権を得ることだと捉えています。

企業は株主のため(そしてステークホルダーのため)に

利益を上げ続けていかなければなりません。

 

 

銘柄は基本「バイ&ホールド」

 

売買すればするほどパフォーマンスは下がっていく、

税金・手数料の観点からすれば、それは明確です。

 

確かに株価が上がると嬉しくなって売りたくなります。

利益を確定したくなる、その心理は本当に分かります。

私も誘惑に勝てなかったこと、数知れず。

 

しかしそれらで得た利益よりも、

長期に保有して得られる利益の方が遥かに大きい。

バフェット氏はその真理に気づきコカ・コーラ社などの

銘柄を握って放しません。

 

銘柄選定の基準は

 

「長期的に業界内で(世界で)トップ争いができる銘柄か」

 

「利益構造が崩れにくい、堀の深い商売をしているか」

 

「需要が安定的な”必需品”関係の商売をしているか」

 

「毎年安定的に営業キャッシュフローを稼げているか」

 

などの視点から企業を視て、

その企業が

 

永続的に利益を増やし、

企業価値を増やし続けることができるか

 

をしっかり視ていくべきです。

 

その間に得られる配当金は再投資し、

保有株数を少しでも大きく増やしていくことをオススメします。

保有株数が増えていくほど、将来のリターンは増大するからです。

 

さて2021年が始まって、はや10日が過ぎました。

今年はさっそく緊急事態宣言が出るなど暗いニュースから始まっています。

しかしそういった悲観的(あるいは楽観的)なニュースに惑わされることなく、

淡々と機械的に投資を進めていきたいと思います。

 

一緒に目標に向けて頑張りましょう!