駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

配当金再投資と保有銘柄一覧について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

11月最初の配当金はVZ(ベライゾン)より!

 

VZ(ベライゾン)から配当金が入金されました。

権利日時点の保有株数が161株、一部NISA口座で保有していることから、

税引き後の入金額は約76ドルとなりました。

※税引き前入金額は101ドル

 

VZ(ベライゾン)は米国の通信セクターの2大巨頭の一つですね。

通信セクターはディフェンシブセクターとして、コロナ禍でも

比較的安定した収益と株価を維持しています。

 

 

といってもさすがに通信セクターにおいても

コロナ禍の影響が出ているようで。

直近の第三四半期決では、対前年同期比で減収減益となりました。

以下重要数値を抜き出してみました。

 

売上高:315億4千万ドル(約4.1%減)

 

営業利益:65億8千6百万ドル(約16.5%減)

 

純利益:45億ドル(約15.6%減)

 

調整後EPS:1.25ドル(約8.1%減)

※市場予想1.22ドル

 

売上高の減少要因については

 

総営業収入は4.1%減の315億4000万ドル。顧客活動の低下や特定機種の発売時期の遅れが影響した。アップルAAPL.Oの今年の新型iPhoneは、例年よりも約1カ月遅い発売となった。

ヤフーやハフポスト、テッククランチを含むメディア部門の収入はは7.4%減の17億ドル。企業が経費抑制に向け広告費を削減した

以上、ロイター通信の記事より引用

https://jp.reuters.com/article/verizon-results-idJPKBN2761ZF

 

というように、メディア部門の広告収入減が響いている模様です。

ただ全体で約4%の減収で済んでいるのであれば、この経済状況下では

「安定」しているといって差支えはないと思います。

 

一方で企業の潤滑油たるキャッシュフローは対前年比で増加傾向です。

VZの決算発表資料が分かりやすいので掲載いたします。

 

f:id:sasfan:20201107111639p:plain

VZのキャッシュフローは対前年増加傾向

年初来からの営業キャッシュフローは320億ドル、

前年と比べると約21.7%増えています。

 

またフリーキャッシュフローは180億ドル、

前年比で約27%も増加しています。

 

以上、VZは潤沢なキャッシュフローに支えられています。

また上記の通りEPSについても市場予想を上回っており、

通年EPSガイダンスでは、下限をマイナス2%⇒0%に切り上げて

きたことから当初予測よりは収益環境が良好であるようです。

引き続き投資判断としては”買い継続”ということになるかと思います。

f:id:sasfan:20201107112554p:plain

 

VZからの配当金はVZに再投資させていただきました。

といっても1株しか買えなかったですが、塵も積もれば山となると信じて・・・。

 

宜しければ日米通信セクターの比較記事をご覧ください。

 

www.selfdrip.com

 

こちらの記事は国内3社の比較記事です。

 

www.selfdrip.com

 

 

現在の保有銘柄です

 

そろそろ今年も終わりが近づいてきました。

少しはポートフォリオの総額も増えてきました。

今年は国内で優秀な企業についても買い増しを行いましたが、

それでも米国株、ETFが中心となっています。

なお、このポートフォリオには貯株分は含んでおりません。

 

VZは時々買い増しており、

再投資分も含めて現時点で165株になります。

 

銘柄 保有株数 セクター
JT 700株 生活必需品
MO 305株 生活必需品
BTI 96株 生活必需品
VZ 165株 通信
KDDI 200株 通信
NTT 100株 通信
BND 308株 債券ETF
PFF 225株 債券ETF
VYM 338株 高配当ETF
SPYD 482株 高配当ETF
HDV 20株 高配当ETF
オリックス 100株 金融
JNJ 59株 ヘルスケア
ABBV 27株 ヘルスケア
XOM 133株 エネルギー
RDSb 28株 エネルギー
三菱商事 200株 エネルギー
VTI 164株 インデックス