駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

米国株なら1株から購入可能!3万円6千円で作れる毎月配当ポートフォリオ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

米国株なら1株から購入可能! 

 

日本と違って「最低単元」という概念のない米国株は

1株から購入することが可能です。

 

例えばアップル(APPL)の株価は10月30日時点で108.86ドルです。

これは日本円換算で約11,430円(1ドル=105円換算)です。

 

世界的大企業のアップルに1万円から投資できる。

投資大国アメリカの所以は、こういった投資環境の良さにあるのでしょう。

 

5万円以内で作れるオススメ毎月配当ポートフォリオ

 

1株から銘柄に投資できる米国株なら5万円もあれば毎月配当の

ポートフォリオを組むことが可能になります。

 

毎月少しずつでも配当金が入ってくるようになれば、

あなたは不労所得を得ていることになります。

例え少額であっても、あなたは汗も涙も流すことなく

企業の余剰利益を配当として受け取ることが可能になります。

経済的自立への第一歩ですね。

 

投資初心者の方は下記のポートフォリオを組んでみるのも一興でしょう。

IT高成長株のアップル、ヘルスケアセクターで配当王のジョンソンエンドジョンソン、

そして世界最大級の銀行グループであるJPモルガン・チェース

 

アップルで株価成長も狙いつつ、他2社で安定してそこそこ高い配当金を

受け取れるポートフォリオです。

 

銘柄 株価(ドル) 配当金(ドル) 配当利回り 配当支払月
JPM(JPモルガンチェース 98.04 3.3 3.40% 1月,4月,7月,10月
APPL(アップル) 108.86 0.76 0.66% 2月,5月,8月,11月
JNJ(ジョンソンエンドジョンソン) 137.11 3.75 2.73% 3月,6月,9月,12月

 

3銘柄を1株ずつ買うのに必要な資金は344ドル

日本円換算で約36,000円となります(1ドル=105円)。

受け取れる配当金は年間計7.8ドル円換算で約820円です。

合計配当利回りは約2.3%、決して悪くない利回りです。

 

ちなみにこのポートフォリオに仮に100万円を均等投資し、

市場平均(S&P500)と比較した際のパフォーマンスは以下の通りです。

 

f:id:sasfan:20201101215200p:plain

市場平均に圧勝!!

なんと市場平均を大きく上回る結果となりました。

物凄い差が付いているが分かります。

 

セクターも3つに分散できて、約3万円とちょっとで構成できて、

株価成長も配当金も安定してその利益を享受できるこのポートフォリオ

オススメですよ!

 

おすすめの図書です。 

本は巣ごもり生活の必需品ですね。