駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

気になったブログ記事を紹介したい!③

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

今回ご紹介したいのは

「おさいふプラス」

という素晴らしいブログの中から

下記の記事について。

 

【高配当投資】REITで毎月配当も可能!6銘柄保有するだけで良い | おさいふプラス~配当金再投資~

 

ということでREITに関する記事です。

 

国内REITだけで毎月配当ポートフォリオが作れる事実

 

元々私もREIT銘柄を保有していた時期があります。

その当時はインデックスの投資信託の積立てが資産運用のメインで、

余った資金でREITを購入していました。

 

その時の主力が「ジャパンホテルリート」

 

REITにしては珍しく優待付きの銘柄です。

ホテル優待を手に入れて旅行の際に有効活用しておりましたが、

値上がり益が結構良い感じに出ていたので売却してしまいました。

 

あれから数年が経ち、REITが高騰して手を出しにくい状況になっていたのですが、

コロナショックのおかげで下落し、分配金利回りも高くなり魅力的な水準に。

セミリタイア生活に向けて強力なパートナーになり得るかを検討する上で

「おさいふプラス」様の記事は非常に参考になりました。

 

REITのみで実現できる毎月配当ポートフォリオということで

「おさいふプラス」様の記事が参考例とした紹介されていたのは

 下記の銘柄でした。

 

①イオンリート

②日本リテールファンド

ケネディクス商業リート

④プレミア

⑤ユナイテッドアーバン

⑥フロンティア不動産

 

この選定基準として

・NAV倍率1倍以下(株式でいうPBRに相当、1倍以下が割安の基準)

・スポンサーが強固

 

詳しくは「おさいふプラス」様の記事をご覧いただくのが筋ですが、

商業施設系が多くコロナショックでだいぶ値下がりしてくれており、

非常に買いたくなる銘柄ばかりですね。

 

でも最も気になるREIT銘柄は別にあります。

 

個人的に買いたいのは「日本ロジスティクスファンド投資法人

 

個人的に気になるREIT銘柄は

 

日本ロジスティクスファンド投資法人

ですね。

 

その名の通り、物流施設に特化したREITです。

不動産投資の原則である地域分散(災害リスクを考慮するため)は

微妙ですが、関東各地の物流施設に投資しています。

f:id:sasfan:20200620175307p:plain

 

魅力①含み損益率が高い

 

2020年1月末時点のデータですが、

所有する物流施設の含み損益率のグラフを見ると

30%近くまで上がっています。

ちなみに6/20時点での含み損益率は41.61%で、

REIT全銘柄の中で1位です。

 

f:id:sasfan:20200620175558p:plain

出典:http://www.japan-reit.com/meigara/8967/portfolio/

f:id:sasfan:20200620180358p:plain

 

 

この点につき同ファンドは以下のように説明しています。

リーマンショックなどの金融危機時に物件取得を積極的に行っていく姿勢、

個人的には非常に好みです。悲観論こそ最大のおかず、です。

f:id:sasfan:20200620175832p:plain


魅力②そこそこ高いROE自己資本利益率

 

ROE自己資本利益率)は全銘柄中13位(6/20時点)、

また物流施設特化型のREITの中ではトップです。

投資家から募った資金からどれだけの利益を稼げているかを

基準であるROEの数値は、そのファンドの利益効率性を映す鏡です。

この点で日本ロジスティクスファンドはそこそこ良い水準にあると言えます。

f:id:sasfan:20200620180824p:plain

 

魅力③分配金利回りが高い

 

そしてセミリタイアを目指す上で必要不可欠な「配当金」について、

日本ロジスティクスファンドの利回りは6/20時点で

5.02%と、そこそこの高水準にあります。

 

分配金の推移については下記の通りです。

第18期(2014年)に投資口を分割後してからも

分配金が徐々にではありますが右肩上がりで増えています。

大幅に増えず、小さく徐々に増えていく・・・私好みです。

f:id:sasfan:20200620181646p:plain

 

次回(第30期)の分配金権利確定日は2020年7月31日です。

予想分配金は9,750円となっています。

第29期の分配金は5,034円でしたので、このまま予想通りにいけば

2020年内に受け取れる年間分配金は14,784円になります。

なお来期(第31期)は4,800円を予定しています。

前期より後期に分配金が多く支払われるのですね。

f:id:sasfan:20200620181949p:plain

 

ポートフォリオに不動産セクターを増やすことは要検討

 

SPYDへの投資を通じて米国不動産への投資は

それなりにしていることになります。

 

www.selfdrip.com

 

しかし国内不動産への投資は現状ゼロ円という状況。

ここにきてREITへの投資もありかな、とは考えています。

といってもREITもそれなりに投資金額が必要ですし、

今は高配当株への投資が最優先。

今すぐ必ずREITが欲しい、という欲望は湧いてきません。

 

ただセミリタイアのお供としてREITの分配金は

ものすごく魅力的ですし、いずれは投資すると思います。

ポートフォリオ的に投資するセクターが無くなってきた際に

REITへ投資をする、ということになりそうです。

 

しかし「おさいふプラス」様のブログは本当に読みやすいです。

とても私には真似できない丁寧さ、感服でございます・・・。

 

REITを学ぶ上で参考になる書籍です。

 配当金生活を目指すならオススメの本です。

 若くしてセミリタイアを実現された三菱サラリーマン様の著書です。

 「穂高 唯希」様というお名前に変更されたようです。