駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

通信3社の決算比較

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

NTTドコモKDDIソフトバンクの2020年度3月期決算が揃いました!

 

NTTドコモKDDIソフトバンクの2020年3月期決算が発表されました。

 

2019年の法改正で携帯端末とのセット販売が制限され、

特にスマホの値引きがあまりできないので

各社とも端末販売数の減少が予測されていました。

 

KDDIソフトバンクはこの端末販売減少分を

通信に連携する”非通信”事業の増収分で補ったかたちで

増収増益を達成することができました。

 

しかしNTTドコモは減収減益となりました。

ライバル2社と比べても悪い意味で目立つ決算内容でした。

 

今回は通信3社の決算を比較してみます。

 

売上高、営業利益、純利益について

 

まずは2020年3月期の売上高、営業利益、純利益です。

各社とも利益をしっかりと確保しています。

NTTドコモソフトバンクは事業会社なので

規模はあまり気にしなくても良いかと思います。

 

各社とも利益はしっかり確保していますね

 

 

過去3年の売上高推移

 

過去3年間の売上高の推移です。

NTTドコモの減収が目立ちます。

成長スピードではソフトバンクが凄いですね。

KDDIはちょっとずつ緩やかに成長しています。

 

NTTドコモが躓いてしまいました

 

過去3年間の営業利益の推移についても触れておきます。

ここでもNTTドコモの減益は目立ちますね。

KDDIソフトバンクは成長を続けています。

KDDIは売上高と同様に緩やかな成長スピードですね。

ソフトバンクはガシガシ成長しています。

ここでもNTTドコモの躓きが目立ちます

 

 

営業利益率と営業CFマージンを比較してみました

 

これは面白い結果となりました。

NTTドコモは営業利益率では最下位ですが、

営業CFマージンではトップです。

 

営業CFマージン(営業キャッシュフローマージン)は

営業活動で得た現金を売上高で除した割合です。

この割合が高いほど、効率的に利益を回収できていることが

分かります。”利益”という数値ではなく実際にその利益を

回収できているか、は大事ですよね。

 

↓営業CFマージンの重要性を学ぶのに最適な書籍です。

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

  • 作者:広瀬 隆雄
  • 発売日: 2013/11/29
  • メディア: 単行本
 

 

 

NTTドコモはしっかりと利益を稼ぎ、かつ回収できていることが

分かります。本質的な稼ぐ力ではNTTドコモは未だに最強です。

”稼ぐ力”は未だNTTドコモが最強!

 

自己資本比率ROEROAを比較してみました

自己資本比率NTTドコモが圧倒的に高く、

安定した経営ができていますね。

KDDIも及第点ですね。

ソフトバンクはちょっと危なっかしい・・・。

 

ROE自己資本利益率)では株主出資の資本を使って

どれだけの利益を稼げているかが分かります。

ここではソフトバンクが突出していますね。

NTTドコモが最下位。NTTドコモの課題の一つですね。

 

ROA総資本利益率)では自己資本に加えて、

返済の必要がある返済金など他人資本も加えた”総資本”で

どれだけの利益を稼げているかが分かります。

ここでは僅かながらNTTドコモがトップになっています。

ROEROAとで順位が逆転するのが面白いですね。

総合的にはNTTドコモが安定しています

 

過去3年間のEPS推移の比較

 

KDDIが順調にEPSを伸ばしていますね。

18年連続増配を達成してきた地力のある企業ですし、

EPSの成長を重視している点でも株主思いの会社です。

 

苦しいのはNTTドコモですね。

EPSが落ち続けています。

EPSは配当の原資に等しく、

EPSの成長なくして増配はありません。

インカムゲイン狙いの投資でNTTドコモを買う場合、

このEPSのマイナス成長は懸念点になりそうです。

KDDIは順調に成長中、NTTドコモが・・・


各社の今期業績予想、配当金への方針について

 

NTTドコモKDDIソフトバンク

コロナ禍の影響を読み切れない部分もあり、

例年と比べれば慎重な姿勢です。

 

ということで今期の業績予想や配当金への

方針について決算資料から抜粋しました。

 

NTTドコモ

 

増配は見送りし、前年度と同水準を維持するようです。

減配しないだけマシですが、KDDIソフトバンク

比べると弱気なところが目立ちます。

 

配当金は増配せず、前年度水準を予定

 

KDDI

 

KDDIはわずかではありますが、

増収増益、そして増配を見込んでいます。

コロナ禍でもこういう姿勢を見せてくれるあたり、

KDDIは投資家視点の優良企業だと思います。

微かですが増収増益を見込んでいます

19年連続の増配を見込む
ソフトバンク

ソフトバンクKDDIと同様に

微増収、微増益を見込んでいます。

また配当金も増配予定です。

 

KDDI同様、僅かながら増収増益を見込む

増配継続

 

NTTドコモがの弱気が目立つ格好に

 

以上、各数値をまとめてきました。

NTTドコモは冒頭に書いた通り独り負けの

かたちになっています。

 

しかし営業CFマージンの数値をご覧いただいた通り、

企業としての本質的な稼ぐ力はNTTドコモが依然としてトップです。

NTTドコモだけ業績見通しを未公表であることと、

増配を見送り配当維持の姿勢、これらをどう評価するかが

ポイントになりそうですね。

 

投資の際の参考になれれば幸いです。

それではまた!

 

 KDDIの分析記事です。

www.selfdrip.com

 

日米通信企業を数値比較した記事です。

 

www.selfdrip.com

 

5Gビジネスを学ぶ入門書として読みました。

オススメの本です。

5Gビジネス (日経文庫)

5Gビジネス (日経文庫)

  • 作者:亀井 卓也
  • 発売日: 2019/06/15
  • メディア: 新書