駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【米国株銘柄分析】AWR(アメリカンステイツウォーター)について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

AWRは米国株トップの連続増配年数65年!水道事業で安定業績!!

 

アメリカンステイツウォーター(以下AWR)は現在65年連続増配中です。

実に半世紀を優に超えて配当金を増やし続けてくれており、

インカムゲイン投資家にとっては神様のような企業になります。

 

AWRの企業名から分かるように【水道事業】になります。

公益セクタ―になります。企業規模は決して大きくないですが、

水道事業という”生活必需品”を扱っており業績は安定しております。

AWRアメリカ国内、特にカルフォルニア州での事業活動がメインです。

 

f:id:sasfan:20200517165521p:plain

南部での事業活動をメインにしています

 

 

AWRは水道事業以外にも、

 

・電気事業を生業とする「Golden State water company」

・米軍関係の水道事業を生業とする「ASUS

 

をグループ会社として抱えています。

AWRはガッチリと生活インフラを掴んでいることが分かります。

というかAWRは軍の水道事業にも入り込んでいるので、強いですね。

AWRから他社に乗り換えることなんて無いでしょうね。

 

f:id:sasfan:20200517170746p:plain

生活インフラをがっちり握っています

 

AWRの売上データ

 

AWRの過去5年分の売上データになります。

売上と営業利益は微増減していますが、安定していますね。

AWRは営業CFマージンも高い数値で推移しています。

事業特性上、設備投資がそれなりに必要となりますが、

AWRは利益をしっかりと出せていることが分かります。

 

f:id:sasfan:20200517171458p:plain

AWRは営業CFマージンがすごく優秀

営業CFマージンの重要性については

下記書籍が参考になります。

 

 

AWRのEPS,配当金、配当性向について

 

AWRの過去5年分の”EPS”、”配当金”、”配当性向”の推移です。

EPSも安定して推移していますし、配当性向も50%~60%前後と

まだまだ余裕のある状況です。

 

AWRのような水道、電気という公益セクターでは

大きな成長を期待することはできませんし、

設備損壊などの大きなトラブルがない限りは

業績が劇的に変化することはありません。

 

しかしちょっとずつでも業績、特に利益(EPS)を

増やしていくAWRの”企業としての強さ”を感じます。

 

f:id:sasfan:20200517171838p:plain

EPSも微増中、増配余力もまだまだあります

 

AWRROEROAの過去5年間推移も参考までにご覧ください。

ちなみにROE自己資本利益率ROA総資本利益率です。

 

ROEでは自己資本、株主出資分と企業の蓄積してきた利益を合計したもので、

”返済する必要のない資本を使って”どれだけの利益をあげているかを

見極める指標です。

 

ROAでは自己資本に加え他人資本、つまり銀行からの借入金など

”返済が必要な資本”も含めたすべての資本を使ってどれだけの利益を

出せているかを見極める指標です。

 

AWRはこれらの指標も安定して推移していますね。

概ね優秀な数値となっている、といえるでしょう。

f:id:sasfan:20200517173443p:plain

こちらも安定推移ですね

 

AWRと「S&P500」はどちらが優秀か?

 

AWRとS&P500に対し、1985年に1万ドルずつ投資したら

2020年現在ではどれくらい増えているか?

配当金再投資込みでリターンを比較した結果をご覧ください。

 

f:id:sasfan:20200517174445p:plain

リーマンショック時も暴落していません

AWRの安定具合、凄いですね。

2008年、2009年のリーマンショック時の市場大暴落時においても

AWRのリターンは横ばいになっている程度で、ほとんど落ちていません。

グラフに凹凸がないのがAWR最大の特徴かもしれません。

ということでAWRの圧勝でございます。連続増配銘柄は強し。

 

株価の推移~10年チャート~

 

AWRの10年チャートです。

コロナショックまでは右肩上がりでしたね。

AWR配当利回り3%を超えていた時代もあったのですが、

株価上昇も相まって現在では1.5%~1.7%あたりで推移しています。

RSIもずーっと買われ過ぎの水準にありましたが、

やっと50付近まで下がってきましたね。売られ過ぎ水準にはなっていませんが。

AWRは今のところ”買い”の水準にあると思います。

f:id:sasfan:20200517174906p:plain

株価は基本的に右肩上がり

 

まとめ:債券的な役割としてポートフォリオ組入れも一興か

 

AWR配当利回りは少ないですが、株価の上下ブレ幅が少なく、

事業の特性、EPS、配当性向などから見ても安定傾向があります。

こういったAWRの特性を見れば債券的な役割を果たせている、

と言えるかもしれませんね。

 

そしてAWR配当金の連続増配記録では米国企業トップ

という誇らしい一面もあります。

配当性向から見ても増配余力はまだまだあります。

AWRポートフォリオの一角にオススメです。

 

公益セクター内で高配当、連続増配で特に有名なのが

SO(サザンカンパニー)です。AWRと併せて検討してみては如何でしょうか?

www.selfdrip.com

 

公益セクターに投資するETFではSPYDがオススメです。

www.selfdrip.com