駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【検証】VYM 対 VYM上位10社均等投資

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

VYM上位10社はVYM自身と市場平均に勝てるのか?

 

VYMを買うのと、

VYMを構成する上位10社(※2020年3月現在)を

均等投資で買うのと、どっちのがパフォーマンスが優れているか?

を例のごとくPortfolio vizualizer(ポートフォリオビジュアライザー)の

バックテストで検証します。

 

条件は簡単に

 

・1万ドルからスタートし、追加投資なし

・配当金は再投資する

だけです。

 

多分、投資知識を持ち合わせている方なら

すぐに答えがお分かりになるような気がします。

 

だって・・・・ねぇ?(何が

 

ちなみにVYM構成上位10社は以下の通りです。

 

f:id:sasfan:20200514085926p:plain

JNJがいつの間にかトップに

どの銘柄もラスボス感があって凄い。

どれもこれも当然として米国企業なのですが、

世界最強級の企業群が集まっていますね。

 

ということで結果発表

 

もう答えはお分かりだと思いますが・・・・

 

 

 

 

VYM上位10社の勝利です~!!(パチパチ)

 

 

 

 

そりゃ単独で市場平均に勝てる銘柄ばかりですからね。

それらに均等投資した時のパフォーマンスは凄いですよね。

 

f:id:sasfan:20200514090353p:plain

ちなみにS&P500指数にも勝利

ちなみにVYM単独ではS&P500には勝てません。

これは何故でしょうか?

 

 

分散し過ぎるとパフォーマンスが落ちる

 

VYMの構成銘柄数に答えがあるような気がします。

構成銘柄数は395銘柄となっています。

f:id:sasfan:20200514090758p:plain

構成銘柄数は400近い

VYMは米国大型株の中でも予想配当利回りが市場平均より高い銘柄を

重点的に組み入れていく、というファンドの方針です。

ちなみにS&P500の平均配当利回り

現時点(5/13終値)で2.11%です。

 

なのでVYMの構成銘柄はだいたいが2%以上の予想配当利回り

なる銘柄で構成されています。395銘柄。

 

玉石混交な気がしませんか?

配当利回りだけで選ぶ訳ではないでしょうが、

配当利回りは高いけどパフォーマンスは低い、

という企業もあるでしょうし・・・。

 

VYM上位10社の平均利回りは?

 

VYM上位10社の平均配当利回り約3.9%です。

市場平均より1.5%以上高く、また財務、業績も抜群です。

 

結局はVYM上位10社を均等に持ち合わせる投資方法が

最も効率よく資産形成できるのかもしれませんね。

配当利回りが4%近いと配当金再投資も捗りますね。

 

ところでこの理屈ですと、

かの有名な米国株投資家である

バフェット太郎様の投資方法に近くなりますね。

10銘柄に均等投資していく投資アプローチ。

こうやって分析してみると、すごく効果的ですね。

 

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

 

↑辛辣な文章と米国株への愛が溢れる名著です。

 

じゃあVYMを買う意味ない?そんなことはありません!

 

 

「VYM上位10社に均等投資すれば市場平均は超えられる!

じゃあもうVYMを買う必要はないね!!」

 

まぁそうとも言えるのですが、

投資家にもそれぞれ事情があるでしょう。

 

忙しくて中々個別銘柄を管理できない方もいます。

バフェット太郎氏に倣えば、ポートフォリオ

毎月リバランスしなければなりません。

本業が忙しいとそれは煩わしくなるかもしれません。

 

あるいは個別銘柄のリスクを恐れる方もいるでしょう。

不正会計や業界内での劇的変化など・・・

個別銘柄には常にリスクがあります。

 

例えば上記の例に当てはまる方にとっては

VYMのようなETFは最適解かもしれません。

ポートフォリオの管理は年1回で済むかもしれませんし、

400社近くの銘柄に分散しているので、1社が倒産しても

そのダメージすらも分散できますからね。

 

なのでご自身の投資環境や性格などを考慮して

ETFを買うか、個別銘柄を買うかを判断すれば良いかと思います。

 

今回の検証はあくまで

 

VYM上位10社のパフォーマンスは

VYM自身、そして市場平均を凌ぎます!

 

という結果をお伝えするものであって、

それをオススメするものではありません。

 

それではまた!