駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【保存版】米国株 連続増配銘柄TOP50

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

連続増配銘柄上位は「知らない企業名」が多かった・・・

 

米国株投資関係のブログを見ていると、

投資されている銘柄のほとんどは

「連続増配」

「高配当利回り

を重視されています。

 

シーゲル氏の「株式投資の未来」を読んで米国株投資を

始めた方が多いからかと思います。私もそうです。

 

JNJとかも連続増配株として投資家には人気ですが、

「連続増配年数ランキング」で見てみると12位なんですね。

じゃあ1位の企業は?と見てみると

 

アメリカン・ステイツ・ウォーター(AWR)」という

公益セクター(水道)の銘柄だったりします。

増配年数などで社名は知っていますが、

恥ずかしながら詳しい情報を持っておりません。

他にも知らない社名がたくさんあります。

情報量足りないですね。重ね重ねお恥ずかしい限り。

 

反省の意味を込めて「連続増配銘柄TOP50」を作りました。

メイン事業については一応分かる限りで調べてきました。

 

連続増配銘柄TOP50はこちら

 ※2020年5月8日時点の数値です。

順位 ティッカー 会社名 セクター メイン事業 増配年数 配当利回り(%) 配当性向(%) 株価(ドル)
1 AWR アメリカン・ステイツ・ウォーター 公益 水道 65 1.64 53.75 75.74
2 NWN ノースウェスト・ナチュラル・ガス 公益 ガス 64 3.07 81.61 65.16
3 GPC ジェニュイン・パーツ 一般消費財 自動車部品 64 4.29 58.78 76.44
4 DOV ドーバー 資本財 産業機材 64 2.15 42.95 92.23
5 PH パーカー・ハネフィン 資本財 産業機器 63 2.30 28.68 161
6 EMR エマソン・エレクトリック 資本財 電気設備 63 3.66 60.63 56.1
7 MMM スリーエム 資本財 メーカー 62 4.02 61.54 148.51
8 CINF シンシナティ・ファイナンシャル 金融 損害保険 60 4.36 80.6 55.73
9 KO コカ・コーラ 生活必需品 飲料 58 3.66 113.87 46.11
10 LANC ランカスター・コロニー 生活必需品 肉加工食品 57 2.01 52.4 146.3
11 LOW ロウズ 一般消費財 ホームセンター 57 1.97 40.08 114.23
12 JNJ ジョンソン&ジョンソン ヘルスケア 医薬品 57 2.73 65.69 148.7
13 NDSN ノードソン 資本財 精密機器 56 0.95 28.21 166.32
14 CL コルゲート・パルモリー 生活必需品 家庭用品 56 2.56 59.79 69.37
15 ABM エービーエム・インダストリーズ 資本財 施設管理 53 2.38 45.54 33.5
16 SJW エスジェイダブリュー・グループ 公益 水道 53 2.15 55.26 58.74
17 CWT カリフォルニア・ウォーター・サービス・グループ 公益 水道 53 1.90 58.7 45.36
18 HRL ホーメル・フーズ 生活必需品 肉加工食品 53 2.00 45.18 47.24
19 SWK スタンレー・ブラック・アンド・デッカー 資本財 産業機器 52 2.59 37.88 117.33
20 FRT フェデラル・リアルティ・インベストメント・トラスト 不動産 店舗用REIT 52 5.73 141.67 78.12
21 TGT ターゲット 一般消費財 ディスカウント小売業 52 2.41 51.2 115.83
22 TR トッツィー・ロール・インダストリーズ 生活必需品 肉加工食品 52 1.01 0 36.42
23 CBSH コマース・バンクシェアーズ 金融 地方銀行 52 1.89 43.46 58.85
24 SCL ステパン 素材 特殊化学品 52 1.15 24.52 94.48
25 FUL エイチ・ビー・フラー 素材 特殊化学品 50 1.91 27.64 36.37
26 MO アルトリア・グループ 生活必需品 たばこ 50 9.40 83.33 36.74
27 SYY シスコ 生活必需品 食品流通 50 3.41 55.81 53.29
28 BKH ブラック・ヒル 公益 ガス 49 3.67 59.51 60.74
29 NFG ナショナル・フュエル・ガス エネルギー 石油 49 4.27 60.26 42.2
30 KMB キンバリー・クラーク 生活必需品 家庭用品 48 3.18 81.3 138.51
31 LEG レゲット・アンド・プラット 一般消費財 家具 48 5.95 62.04 29.8
32 MSA マイン・セーフティー・アプライアンシズ 資本財 警備 48 1.43 38.6 122.41
33 GWW W.W.グレインジャー 資本財 産業機器 48 2.05 40 285.45
34 PPG PPGインダストリーズ 素材 特殊化学品 48 2.25 39.67 91.98
35 UVV ユニバーサル 生活必需品 たばこ 48 6.62 0 44.98
36 BDX ベクトン・ディッキンソン ヘルスケア 医療機器 48 1.22 85.23 254.48
37 TNC テナントカンパニー 資本財 産業用清掃機 48 1.49 42.87 56.28
38 MSEX ミドルセックス・ウォーター 公益 水道 47 1.66 50.25 62.1
39 VFC VF 一般消費財 アパレル 47 3.30 57.5 58.23
40 HP ヘルマリック・アンド・ペイン エネルギー 石油 47 11.76 0 17.73
41 NUE ニューコア 素材 鉄鋼 47 3.93 32.55 42.2
42 GRC ゴーマンラップ 資本財 排水機器 47 2.08 53.21 29
43 SPGI S&Pグローバル 金融 取引所・データ提供 47 0.94 28.78 297.65
44 WMT ウォルマート・ストアズ 生活必需品 スーパーマーケット 47 1.73 124.55 122.94
45 PEP ペプシコ 生活必需品 飲料 47 2.94 67.7 134.23
46 ED コンソリデーテッド・エジソン 公益 電力 46 4.13 12.95 74.18
47 RPM アールピーエム・インターナショナル 素材 特殊化学品 46 2.17 49.31 68.83
48 ITW イリノイ・ツール・ワークス 資本財 産業機器 45 2.73 53.91 161.01
49 TDS コンテイナー・ストア・グループ 通信 総合通信 45 3.75 75.55 18.96
50 UBSI ユナイテッド・バンクシェアーズ 金融 地方銀行 45 4.67 80.92 27.25

 

資本財・生活必需品セクター強し

TOP50にランクインしている企業の内、

セクター別ランクイン数の順位をつけてみると

 

1位:資本財(12銘柄)

2位:生活必需品(11銘柄)

3位:公益(7銘柄)

4位:一般消費財、素材(5銘柄)

5位:金融(4銘柄)

6位:ヘルスケア、エネルギー(2銘柄)

7位:不動産、通信(1銘柄)

 

となりました。

資本財セクターとは

「企業向けの産業機器やサービスを提供する企業群」

のことを指します。

 

産業用清掃機(TNC)や排水機器用品(GRC)など

地味だけど欠かせない製品を提供している会社は

メンテナンス料金とかで儲けることもできますし

利益率とか営業CFマージンも悪くないんですよね。

 

 

個人的に気になる銘柄は?

 

AWRに代表される公益セクター(水道事業)は魅力的です。

水道事業銘柄に投資をしようかと考えていた時期もありました。

何といっても「水」に代わるモノはありませんし、

人間の生活上「必要」なものですよね。なければ死んでしまいます。

 

しかしSPYDという公益事業に強い高配当ETFがあったので

結局SPYDへの投資を決意した、という経緯があります。

 

SPYDの銘柄分析はこちら 

www.selfdrip.com

 


連続増配銘柄を厳選したETF「VIG」への投資がオススメ

 

バンガード社のETFには「VIG・米国増配株式ETF」があります。

このETFは5/8時点で配当利回り1.69%と利回りは高くありませんが、

10年以上連続増配(REITを除く)銘柄で構成されています。

今後の増配に期待が持てるETFですね。

 

VIGの基本データです。

経費率0.06%と低コストです。

さすがバンガード社ですね。

f:id:sasfan:20200510202020p:plain

VIGの概要

セクター別構成比率です。

上記ランキングにだいたい似通っていますね。

資本財強し。

f:id:sasfan:20200510202130p:plain

セクター別構成ランキング

保有銘柄上位10社です。

10年以上連続増配という括りなので

上位10社は有名どころの超大企業が多いですね。

マイクロソフトが1位になっています。

ちなみにマイクロソフト16年連続増配です。

f:id:sasfan:20200510202248p:plain

VIGの保有上位10社

 

まとめ

 

連続増配銘柄はその記録に拘っている、

というよりは株主の要求にこたえ続けている

優良企業群と言っていいでしょう。

 

もちろん無理な増配をしている企業もありますが、

配当性向を見てみるとまだまだ余裕のある企業も多いです。

ということはEPS(1株あたり利益)もしっかり成長させている

企業が多いことになります。羨ましい。

 

連続増配年数上位の銘柄はインカムゲイン投資に向かない

ような配当利回りの低いものも多いです。

 

しかし連続増配を続けてくれる企業への投資は

将来何年にもわたってインカムゲインを増やしてくれます。

月々の配当金が、1年ごとにちょっとずつでも増えてくれると

嬉しいですよね。

 

なので私ももっと勉強して増配銘柄へ投資したいと思います。

それではまた!