駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【妄想しよう】配当金生活まであと何年?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

配当金は不労収入!

 

株式への投資による配当金は不労収入です。

働かなくても手に入ります。投資先の企業がせっせと稼いでくれた

お金の余りを、投資した分だけ貰えます。

 

よって余剰資金をなるべく多く投下して、

保有株数の最大化を目指すことで配当金生活に近づくことができます。

 

ところで皆様の生活コストは幾らですか?

独身の方、家庭をお持ちの方でだいぶ違ってきます。

あるいはお持ちの趣味によっても、生活コストは変わってきますよね。

 

今回は、月20万円の配当収入(=年間240万円)があれば

余裕のある生活が可能だと仮定してシミュレーションしてみました。

 

シミュレーションだから「夢物語だ」と侮ることなかれ!

その”夢物語”こそモチベーションの源です。

 

今回のシミュレーションが、

皆様の投資に対するモチベーション向上の一助になれれば幸いです。

 

なおシミュレーションにおいては

値上がり益、あるいは損失、そして税金は考慮しておりません。

ご了承下さい。

 

①利回り3%、年間100万円追加投資、配当金再投資アリ

月20万円の配当金生活達成は2045年

今年から投資を始めたとすると、25年の歳月が必要です。

私の年齢だと定年を過ぎてしまいます・・・。

 

配当金再投資アリ 元本 配当金
2020年 ¥1,000,000 ¥50,000
2021年 ¥2,050,000 ¥61,500
2022年 ¥3,111,500 ¥155,575
2023年 ¥4,267,075 ¥213,354
2024年 ¥5,480,429 ¥274,021
2025年 ¥6,754,450 ¥337,723
2026年 ¥8,092,173 ¥404,609
2027年 ¥9,496,781 ¥474,839
2028年 ¥10,971,620 ¥548,581
2029年 ¥12,520,201 ¥626,010
2030年 ¥14,146,211 ¥707,311
2031年 ¥15,853,522 ¥792,676
2032年 ¥17,646,198 ¥882,310
2033年 ¥19,528,508 ¥976,425
2034年 ¥21,504,933 ¥1,075,247
2035年 ¥23,580,180 ¥1,179,009
2036年 ¥25,759,189 ¥1,287,959
2037年 ¥28,047,149 ¥1,402,357
2038年 ¥30,449,506 ¥1,522,475
2039年 ¥32,971,981 ¥1,648,599
2040年 ¥35,620,580 ¥1,781,029
2041年 ¥38,401,609 ¥1,920,080
2042年 ¥41,321,690 ¥2,066,084
2043年 ¥44,387,774 ¥2,219,389
2044年 ¥47,607,163 ¥2,380,358
2045年 ¥50,987,521 ¥2,549,376

 

② 利回り5%、年間100万円追加投資、配当金再投資アリ

利回りが5%に増えただけでは、①のシミュレーションとほぼ変わりありません。

配当金生活達成までは25年もかかります。

配当金再投資アリ 元本 配当金
2020年 ¥1,000,000 ¥50,000
2021年 ¥2,050,000 ¥102,500
2022年 ¥3,152,500 ¥157,625
2023年 ¥4,310,125 ¥215,506
2024年 ¥5,525,631 ¥276,282
2025年 ¥6,801,913 ¥340,096
2026年 ¥8,142,008 ¥407,100
2027年 ¥9,549,109 ¥477,455
2028年 ¥11,026,564 ¥551,328
2029年 ¥12,577,893 ¥628,895
2030年 ¥14,206,787 ¥710,339
2031年 ¥15,917,127 ¥795,856
2032年 ¥17,712,983 ¥885,649
2033年 ¥19,598,632 ¥979,932
2034年 ¥21,578,564 ¥1,078,928
2035年 ¥23,657,492 ¥1,182,875
2036年 ¥25,840,366 ¥1,292,018
2037年 ¥28,132,385 ¥1,406,619
2038年 ¥30,539,004 ¥1,526,950
2039年 ¥33,065,954 ¥1,653,298
2040年 ¥35,719,252 ¥1,785,963
2041年 ¥38,505,214 ¥1,925,261
2042年 ¥41,430,475 ¥2,071,524
2043年 ¥44,501,999 ¥2,225,100
2044年 ¥47,727,099 ¥2,386,355
2045年 ¥51,113,454 ¥2,555,673

 

③利回り5%、年間200万円を追加投資、配当金再投資アリ

ここで年間の追加投資額を200万円にしてみましょう。

そうすると配当金生活までの年数が16年(2036年まで

短縮することが可能になります。

 

年間200万円を追加投資する場合

月々約17万円、

もしくは月10万円+夏冬ボーナス80万

が必要です。

 

配当金再投資アリ 元本 配当金
2020年 ¥1,000,000 ¥50,000
2021年 ¥3,050,000 ¥152,500
2022年 ¥5,202,500 ¥260,125
2023年 ¥7,462,625 ¥373,131
2024年 ¥9,835,756 ¥491,788
2025年 ¥12,327,544 ¥616,377
2026年 ¥14,943,921 ¥747,196
2027年 ¥17,691,117 ¥884,556
2028年 ¥20,575,673 ¥1,028,784
2029年 ¥23,604,457 ¥1,180,223
2030年 ¥26,784,680 ¥1,339,234
2031年 ¥30,123,914 ¥1,506,196
2032年 ¥33,630,109 ¥1,681,505
2033年 ¥37,311,615 ¥1,865,581
2034年 ¥41,177,196 ¥2,058,860
2035年 ¥45,236,055 ¥2,261,803
2036年 ¥49,497,858 ¥2,474,893

 

④利回り5%、年間追加投資300万、配当金再投資アリ

 あなたが共働きだとして、夫婦合わせて

年間300万円(月25万円)を投資可能だとした場合は

12年後の2032年には配当金生活が可能になります。

配当金再投資アリ 元本 配当金
2020年 ¥1,000,000 ¥50,000
2021年 ¥4,050,000 ¥202,500
2022年 ¥7,252,500 ¥362,625
2023年 ¥10,615,125 ¥530,756
2024年 ¥14,145,881 ¥707,294
2025年 ¥17,853,175 ¥892,659
2026年 ¥21,745,834 ¥1,087,292
2027年 ¥25,833,126 ¥1,291,656
2028年 ¥30,124,782 ¥1,506,239
2029年 ¥34,631,021 ¥1,731,551
2030年 ¥39,362,572 ¥1,968,129
2031年 ¥44,330,701 ¥2,216,535
2032年 ¥49,547,236 ¥2,477,362

 

⑤ ④と同じ条件で配当金再投資が無い場合
  

配当金再投資が無いと、年間300万円を追加投資できて

配当利回りが5%あったとしても16年間(2036年)にならないと

配当金生活に入れません。

 

配当金再投資をするか、しないかで4年間の差がつきます。

配当金再投資による複利効果は絶大です。

 

配当金再投資ナシ 元本 配当金
2020年 ¥1,000,000 ¥50,000
2021年 ¥4,000,000 ¥200,000
2022年 ¥7,000,000 ¥350,000
2023年 ¥10,000,000 ¥500,000
2024年 ¥13,000,000 ¥650,000
2025年 ¥16,000,000 ¥800,000
2026年 ¥19,000,000 ¥950,000
2027年 ¥22,000,000 ¥1,100,000
2028年 ¥25,000,000 ¥1,250,000
2029年 ¥28,000,000 ¥1,400,000
2030年 ¥31,000,000 ¥1,550,000
2031年 ¥34,000,000 ¥1,700,000
2032年 ¥37,000,000 ¥1,850,000
2033年 ¥40,000,000 ¥2,000,000
2034年 ¥43,000,000 ¥2,150,000
2035年 ¥46,000,000 ¥2,300,000
2036年 ¥49,000,000 ¥2,450,000

 

 

夢を持って投資をしよう

 

すごく簡単なシミュレーションですが、

・年間どれだけ追加投資できるか

・どの銘柄(ETF含む)に投資するか

を想像しながらシミュレーションをご覧いただければと思います。

 

例えば新社会人の方。

自身の給料と生活コストを考えて、

「月○万+ボーナスで年間100万投資できる!」

という方は

 

その100万円で色々な銘柄を買って、その平均利回りが3%だとして・・・

などと想像してみてください。

 

シミュレーション①の条件だとして

あくまで年間100万円という追加投資額が延々と続くなら

配当金生活まで25年かかりますが、新社会人の方はこれから先、

給与が上がっていきます。数年後には年間150万、200万、300万、

と投資できるようになるかもしれません。

 

追加投資額が増えていけば配当金が増えます。

再投資すればその分だけ元本が増えていきます。

また配当金が増えていきます・・・

この繰り返しで配当金生活達成までの年数がどんどん短縮できます。

 

こういうシミュレーション(妄想ともいう)が

仕事や投資へのモチベーションに繋がると思いませんか?

私はモチベーションが下がるたびに、こういうシミュレーションを

しては「また頑張ろう!」と気合を入れ直しています(笑)

 

シミュレーションがちょっと少ないですかね?

また追加していきます。

 

以前、KDDIで配当金再投資のシミュレーションを行っています。

これもモチベーションアップの道具としてお使いください(笑)

 

www.selfdrip.com