駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

鉄道現場から考察する”貧困について”

スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに、この記事では”貧困”という言葉が使われていますが、

それを非難したり馬鹿にしたりするつもりはありません。

尚、いつにも増して纏まりのない記事になっています。

ごめんなさい。ストレスの賜物です。

 

 

改札口で警察沙汰になる人の真実は”貧困”

 

たまに見かける方は多いかと思いますが、

改札口ではたまに警察を呼ぶほどのトラブルになることがあります。

その要因としては

①旅客どうしのトラブル

②運賃を支払う金がないのを承知で乗車してきた

③駅員に因縁をつける

の3つです。

 

この中で圧倒的に多いのが①、次に②です。

③については省略します。

 

これらのトラブルは「貧困」と関係があることなのです。

まぁ②の時点で察することかと思いますが・・・。

 

①旅客どうしのトラブルについて

 

「警察を呼んでくれ!」と改札に駆け込んでくる人が、

3回の勤務で1回くらいのペースで現れます。

大抵は「下車時に肩がぶつかった」とか「舌打ちされた」とか

これで警察呼んでどうすんのよ・・・というケースです。

 

喧嘩の内容もしょーもないですが、

また良い大人同士の喧嘩なんです。

年齢的には30歳~50歳くらい同士の喧嘩が圧倒的に多い。

 

駅員は形だけ仲裁するのですが、

まぁ基本的には喧嘩の内容をただ聴いているだけです。

※殴り合いになるレベルなら止めます。

 

つい最近あった出来事では、

40代か50代くらいの男性の旅客同士が

「おまえどこの会社だよ!会社名いえよ!」

「どうせ非正規(労働者)なんだろ?」

とか、まぁ本当にくだらない言い合いに発展していました。

 

最終的には警察が介入して話は終わりでしたが、

漏れ聞こえてくる内容が

「普段からストレスが溜まっていて・・・・」

「馬鹿にされているように思ったから・・・」

「非正規なのでお金がなくてイライラしていて・・・」

とかでした。くだらない。

 

警察の方曰く、

貧困層の多い地域では、こんな喧嘩ばっかり」

「金持ち喧嘩せず、というのは一面では真実」とのことでした。

※金持ちほど賢く、”悪さ”の具合が酷いのだそう

 

昼間から泥酔して警察に保護される人も多いです。

「仕事がねえんだよ!!」とか喚き散らしている人もいます。

そういう人どうしで喧嘩になることもあります。

貧困層が多い地域の駅に勤めていると”よく見る光景”です。

 

もちろん9割9分の人はルールやマナーを守って

ご乗車いただいております。そういった人たちのために

駅員は働いております。

 

 

②お金がないのに電車に乗る人

 

このパターンも駅によって必ず一人以上現れます。

一応書類を書いて外に出てもらうことになるのですが、

支払いが無い場合は裁判(簡易)に発展するケースもあります。

※これも9割以上は払いに来てくれます。

 

この書類には勤務先を記入する欄がありますし、

社員証などで確認し、会社の電話番号も確認します。

場合によってはその場で本当の番号であるかを、

実際に架電して確認します。

※この時点で取り乱す人は多い

 

 

そしてこの書類を記入することになる人の勤め先は、

誰でも聞いたことのあるような大企業とか、上場している企業とかで

あることはまずありません。

ほとんどの場合、調べてみると”人材派遣会社”だったりします。

人材派遣会社に督促しても意味ないので、派遣先の企業名を聴きだします。

※この時点で取り乱す人もまた多い

 

キャッシュカード持っているのにお金が払えない人もいます。

ATMまで一緒にいって、口座内に本当にお金がない人もいます。

これも警察の方曰く「クレジットカードを作れない人も多い」そう。

 

別にいじめている訳ではなくて、我々は正当な請求をしているだけなんです。

しかし支払えなくて企業名とか聴きだすと

「公務員はいいよな!俺たちの(なぜか複数形)気持なんか分からねえだろ!」

と逆切れされます。というか公務員じゃないんですけどね。

ていうかお金持っていないのは、自分の責任でしょうに・・・。

※市役所などにお勤めの方、こんな事言われるの多いのではないでしょうか。

 

もちろん、大多数の方は善良で、

本当にお金に困っている人も多いです。

財布を忘れてきた、方とかですね。

逆切れすることはありませんし、

期日までにしっかりと支払いにきてくれます。

 

ただそれでも、この数年だけでも

数百円の運賃支払いができない人、

増えてきています。本当に嫌になります。

 

③日本の貧困層

 

これらの経験から、貧困層について調べてみました。

平均年収の欄をみてゾッとしました。

新中間階級の平均年収が499万になっています。

正規労働者階級で平均年収が370万です。

f:id:sasfan:20200505081818p:plain

アンダークラスが増えている?

アンダークラスに至っては平均年収186万です。

これらが929万人、全体の1割以上となっています。

信じられないデータです。

 

Twitterの投資界隈では年収1000万以上がザラにいるので、

自分は中間以下だと思っていましたが、実際はエグいですね。

 

まさしく「日本が全体的に貧困化している」のですね。

そしてその真実の一端を、仕事の中で見せつけられているのですね・・・。

 

④配当金収入など含めた”総年収”で資本家階級を目指す

 

私の今年度の年収見込みは730万円です。

年収だけで見れば、この図では”新中間階級”に属しますが、

役職的には正規労働者階級ですね。

 

 

上の図で見れば、総年収で861万以上になれば

資本家階級になります。もちろん経営者とかではないので、

あくまで年収ベースで、というだけの話です。

 

一介の労働者として年収861万円以上になるには、

私の会社では40歳過ぎになります。管理職に昇格すれば別ですが。

しかし一般労働者として、それだけのお金を手に入れる方法があります。

株式投資による配当金収入

②副業による収入

です。

 

私のような一般人は、これらを含めた”総年収”で

資本家階級を目指していくのがベストではないかと思いました。

※あくまで自分は、という意見です。他人に押しつける気は皆無です。

 

ちなみに私の今年度の目標は

「配当金収入と副収入合わせた”総年収”800万以上」

です。特に配当金収入は完全なる”不労収入”なので、

配当金収入の最大化は引き続き最優先事項です。

 

まとめ

 

ちょっと愚痴も入った記事になってしまいました。

ただこの1,2年で本当に、旅客どうしの喧嘩や運賃未払いの人が

増えていて、ストレスが溜まっております。

 

ただ、今回のことで貧困について改めて学ぶことができました。

そして”配当金収入の最大化”と”副収入を増やす”ことの

大事さを痛感しました。

 

働くことへのモチベーションをまた得ることができました。

家族を路頭に迷わせることはできませんし、

もっと余裕のある暮らしをしたいですからね。

子どもの学費とか、頭の痛くなることも多いですが・・・。

 

 ※追記 こんな平和な光景ばかりならいいのに・・・

駅員からすれば、こんな光景ばかりが

広がることを祈ります(笑)

matome.naver.jp