駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

【銘柄分析】BTI(ブリテッィシュ・アメリカン・タバコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)は業界最強のインカム製造機

 

BTIは英国本社でありながら米国株式市場に上場するADR銘柄です。

米国以外で事業展開をしていましたが、2017年にレイノルズ・アメリカンを買収したことでマーケットが拡大しました。

 

たばこメーカーらしく高収益・高配当利回りです。

直近(4/21)の配当利回りは7%近くまで上昇中です。

ESG投資の流行で嫌厭されがちなたばこ株、BTIも例外なく

株価低迷中ですが実績は決して悪くありません。

 

今回はBTI(アメリカン・ブリティッシュアメリカンタバコ)について

紹介してまいります。

 

BTIの概要

 

BTIは業界において世界3位のシェアを持っています。

2018年度版の世界ランキングは以下の通りです。

1位:中国煙草総公司

2位:PM(フィリップモリス

3位:BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

4位:JT日本たばこ産業

 

イギリスに本社をかまえ、米国株式市場にも上場するADR銘柄です。

配当金にかかる現地配当税(米国10%)が発生しません。

NISA枠で購入すれば日本の配当税(20%)もかかりません。

よって現在(4/21)7%に迫る高い配当金を無税で受け取れます。

 

インカムゲイン狙いの投資家にとっては宝石のような銘柄です。

 

 

BTIの売上・営業利益・営業CFマージン

 

BTI(ブリテッィシュ・アメリカン・タバコ)の

売上、営業利益、営業CFマージンです。

 

 

私は営業利益率より営業CFマージンを重視しております。

営業利益については大雑把に「あぁ大体これくらいか」くらいに

見ていただけたらと思います。

 

営業CFマージンはほぼ30%を超えており、素晴らしい収益率です。

これだけキャッシュを稼げているから配当金もしっかりと出せる。

キャッシュは配当金の源泉ですからね。

キャッシュをしっかりと回収できているか。

これ凄く大事です。

 

BTI売上

BTIの売上・営業利益・営業CFマージン

 

 

BTIのEPS・配当金・配当性向

※ドル建てベースでグラフを作成しております。

 

配当性向は直近で約61%、ここ5年では70%-80%台となっています。

配当性向はたばこ業界からすると決して高すぎる数値ではありません。

大きな設備投資を必要としないのが、たばこメーカーの武器ですしね。

 

BTI配当金

BTIのEPS、配当金、配当性向

 

BTI対S&P500、1985年に1万ドル投資したら?

おまけです。

1985年に、BTIとS&P500にそれぞれ1万ドル投資した場合、

2020年現在で何ドルになっているでしょうか?

配当金再投資アリです。

答えは・・・

 

BTI・・・約75万ドル

S&P500指数・・・約25万ドル

 

ということでBTIの圧勝です。

これは配当金再投資による保有株数増大の効果が大きいかと思います。

配当金再投資、やっぱり大事。

 

配当金って強い

BTIは米国S&P500という市場平均を大きく上回る実績を持っています。

ただボラティリティについてはS&P500の方が安定しています。

ボラティリティは個別銘柄の怖いところですね。イチ企業に投資するので

その企業に何かあったときは株価がガクッと下がります。その覚悟は必要です。

 

まとめ

 

ここ10年のチャートを見ながらまとめていきます。

ESG投資流行による株価低迷に加えて今回のコロナショック、

株価は絶賛低空飛行中です。配当利回りが7%に迫っています。

 

RSIも下がってきており、個人的には買い進めたい価格帯に入っています。

ただこれ以上のタバコ株を買うと、ポートフォリオがタバコの臭いで充満しそうです。

10年チャート

 

ただインカムゲイン狙いなら、RDSbと同様に超オススメです。

 

www.selfdrip.com

 

 

NISA枠を毎年BTIとRDSbで埋めることで、結構なインカムを無税で

受け取れます。セミリタイアの原資としては欠かせない銘柄でしょう。