駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

コロナ徒然、鉄道ネタを少し

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鉄道は不況に強いけど…

 

目に見えて利用客が減っています。窓口は払戻しばかりです。売上は相当減っています。

 

電力や鉄道はディフェンシブ銘柄と呼ばれていました。しかし電力は東日本大震災以降は決して安全ではないことが分かりました。

 

今回のコロナウイルスで鉄道も決してディフェンシブでないことが分かりました。こういう形でリスクがあぶり出される事もあるのだなと、今回勉強になりました。

 

普段では不況期に強い鉄道業界ですが、外出自粛やテレワークによって大打撃を受けています。この方向から大ダメージを受けることは会社にとっても想定外だったのでしょうか。社内は結構混乱しています。

 

GW新幹線もガラガラです。たまーに売れているものもありますが、売り手側としては「マジで!?」と逆に驚いてしまいます笑

 

普段のGWであれば、新幹線も特急も今ごろはほぼ完売しています。こんな事は初めてです。

 

現場の医療在庫は枯渇寸前

 

ところでこのご時世、駅現場においてもマスクや消毒液は必須です。しかし各現場では枯渇寸前です。

 

改札窓口などにビニールシートを貼って対応していますが、マスク無しでの業務になってしまうのは怖いです。消毒液もだんだん少なくなってきています。

 

仕事が怖い、と重いのは初めてです。

 

 

電車内「急病人発生」の恐怖

 

もしその急病人がコロナウイルス感染者だったら?と考えると恐ろしいです。それでも救護活動は鉄道員の義務なので仕方ないのですが、やはり恐ろしい。

 

救護室に移送しても、移送後の消毒が出来なくなる可能性があります。また車両の消毒もしなければなりませんが、これも出来なくなったらと思うと…。衛生面での安全確保が難しくなります。

 

やはり今は出勤しない、テレワークをすることが、我々を含めた皆にとって最良の選択肢なんだなと思います。やりたいけど出来ない、という人も多いでしょうが。

 

コロナ後の社会はどうなるか?

 

確実にテレワークが普及し、在宅勤務を行う人が増えると思います。通勤客はかなり戻ると思いますが、週1、2日はテレワークOKとかになるのではないでしょうか。

 

鉄道会社もより一層の変化を求められると思います。駅ビル内にテレワーク用の誰でも使えるサテライトオフィスを設けるなり、そういう事業が拡大することが予想されます。

 

鉄道業界に勤める身としても、そのような変化は望むところです。普段グループ内としか接する事がない、狭い世界で生きているので、もし他企業の方達と普段から接して面白いアイデアを思いつけるような環境…そういう場が駅内に出来るといいなぁ。

 

コロナウイルス後の社会。あくまで妄想ですが、その変化への希望にワクワクしています。働く場所に囚われない働き方が進む事は、決して鉄道会社にもマイナスではないと思います。

 

これを契機にもっと進んだ、面白い社会に。なれれば良いな。