駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

電車内の忘れ物について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ネタが尽きたんだろう・・?」

「そのとおりさっ!!」

 

ということで本業である鉄道員のつぶやきです。

なんで書く気になったのかは下記まとめブログを見たからです。

www.kijolifehack.com

 

現場における「あるあるw」というネタが豊富でした。

私は女性蔑視をしているわけではありませんし、意図もありません。

ただ読んでいて、あ~コレよくあるよな~と思っただけですので。

そんでちょっと私の経験なども含めて記事を書きたくなりました。

 

 

 

電車内で忘れ物をしても慌てないで!

まず

・何を

・どの列車(何時何分に着いた、どこ行の電車か)

・どこに

忘れたのかを整理してから改札窓口までお越しください。

特に最後の「どこに」が重要です。

何号車、進行方向の右側、左側か、網棚か座席の上か・・・

色々と情報を聴いてから捜索をしなければなりません。

なお号車が分かれなければ車内の捜索は行いませんので、

号車は必ず覚えておいてください。

 

電車を止めて捜索をするということは「遅延」に繋がります。

遅延によって鉄道会社の収益が失われる可能性もあるのです。

少しでも電車を止めておく時間を少なくするために、

車内の捜索をする前に色々とヒアリングします。ご容赦を。

 

大抵見つかるケース、見つからないケース

忘れてからどれくらいの時間が流れているかによりますが、

「あ、この状況なら見つかるぞ!」というケースと

「あ~絶対見つからねえわ」というケースは経験上で分かります。

 

【大抵は見つかるケース】

網棚の上に忘れた系です。

バッグ、リュックなどは大抵放置されています。

誰のだか分からない場合がほとんどで、乗客も

基本的にはそれが誰のものであるか気にならないですからね。

 

【大抵は見つからないケース】

座席の上に忘れた系です。

圧倒的にスマホが多いです。次に財布、定期券(パスケース)。

正直「どうやったら忘れるの・・・?」と思います。

これらは大抵拾われてしまいます。

運が良ければ他の駅に届けられます。

財布なら大抵はお金抜かれます。

SuicaとかPASMOならチャージ使われます。

使われたお金やチャージについては保障は一切ありません。

自己責任になりますのでご注意を。当たり前ですがね。

 

一番運がいいのは乗っていた電車が車庫に入る場合

ほとんどの電車はずっとその路線内を往復しています。

総武線の各駅停車なら三鷹~千葉間をひたすら往復です。

でもたまに終点に着いたらそのまま車庫に回送される

車両も存在します。

 

回送する電車は最後に必ず車内を点検します。

よってここで忘れ物がよく見つかります。

深夜帯に家の鍵が入ったカバンを忘れた!というお客様は

多いですが、深夜帯は回送になる電車が多いので大抵終点で

忘れ物が見つかります。

 

上野東京ラインとかいう電車wwww

最悪なのは上野東京ラインで忘れ物をした場合でしょうか。

私がかつて経験があるのは、熱海駅から乗車し、

そこで忘れたモノが「宇都宮駅」で拾得されたケース。

 

そう上野東京ラインによって直通運転が増えたせいで、

忘れ物が地の果てまで行ってしまうことが増えました。

熱海から宇都宮って新幹線じゃあるまいし・・・・。

あとは品川~いわき間とかもありますね。東京から福島県へ。

 

忘れ物が見つかった場合、忘れ物が届けられた駅まで

行ってもらう必要があります。運賃もかかります。

ちょっとした旅行になってしまうケースも多々あります。

 

珍しい忘れ物シリーズ

私が取り扱った忘れ物の中で印象に残ったものは以下の通り。

 

・ある昔のゲーム機のコントローラー単体(ファミコンです)

・猫ちゃん(本物)の入ったケース(飼い主さん大慌てでした)

アダルトグッズ(ムチとろうそくと・・・ここでいえない道具)

・ある会社の資料(売上予測とか、議事録とか・・・)

・警察手帳(警察が後日取りにきました)

・心霊写真(マジで怖かったです、複数枚。何かの呪い?)

 

最後に「忘れ物には本当に注意してください!」

今まで多くの忘れ物を探し、または拾得してきました。

財布やスマホが圧倒的に多いですが、中には

本当に重要なものを忘れる方もいます。

 

自宅のカギ、クレジットカード、会社の機密書類や支給された

ノートパソコンなど・・・見つからないケースもありました。

涙を流しながら途方に暮れる方もいましたし、顔が青ざめて過呼吸

陥った方もいました。

 

ただ探しても無かった場合、鉄道会社として出来ることはせいぜい

警察を案内することくらいです。だから改めて言いたい。

 

忘れ物しないで!!

 

失くしたら困るものは肌身離さず持ち歩いてください。

酒に酔っても手放さない!ちゃんと持っていてください!!

 

需要があればまた書きます。