駅員が高配当株投資で早期退職を目指すブログ

高配当の日本株や米国株に投資し、配当金収入の最大化を目指します。目指せ40代でアーリーリタイア!

コロナウイルスは日本社会を変えるかもしれない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

【注意!】まとまりのない話です。

コロナウイルスで社会全体に混乱が生じている

一つの感染症がここまで社会に影響を与えたのは、

ここ数年、いや20年くらいでは初めてなのではないでしょうか。

全国の小中高の学校が休校になり、さらに保育園や幼稚園までが休園。

これまで子どもを預けて働いていたママさんたちが仕事に出られない、

会社を休まざるを得ない状況に追い込まれています。

本当にここまで混乱するとは・・・日本の危機意識が向上するには

良いキッカケになることでしょう。もちろん私も含めて。

 

リモートワーク、在宅勤務は今後もっと浸透してほしい

これはまず個人的意見なのですが、リモートワークや在宅勤務の推奨、

というのは素晴らしいことだと思うのですよ。

顔を合わせての会議が大好きな日本企業は意識を変えるべきだと

常々思ってきました。その思いは前職でOffice365の販売に携わった経験から

来るものです。マイクロソフトはすごい会社です。

 

www.selfdrip.com

 

このコロナウイルスによる経済へのインパクトはそれなりのものですが、

それ以上に日本社会に大きなインパクトを与えています。

「出社しなくてもOK、在宅勤務してください」

「自宅周辺のリモートオフィスで仕事をしてもOKです」

「9時に来なくても大丈夫です・時差出勤してください」

私が社会人となった2009年、つい10年前にはこんな言葉聞いた事ありません。

企業にもようやく柔軟性が出てきた、ということでしょうか。

 

クラウドソーシングという働き方

人手不足というのなら、働きたくても働けない子育てママさんたちに

自宅で働ける環境を企業が提供すべきだと思います。

企業もそれに気づいて様々な形で労働力を集めています。

クラウドソーシングなどはその典型例ですね。

 

私もクラウドワークス、ランサーズといった

クラウドソーシングサービスを使って副業をしています。

本業と兼ねて副業をするのは本当に大変です。

休日もPCとにらめっこの日々ですから。

 

でも本業以外の仕事を受けて、報酬をもらえることで

自分の意識が変わってきています。

今までは本業=会社の仕事を精いっぱいやる、

休日出勤だってやる、という気分もあったのですが、

副業を始めてからは

「本業以外のスキルを伸ばしたい!身につけたい!!」

という考え方が強くなってきました。

 

鉄道業というやや特殊な仕事は、いずれ縮小されていくでしょう。

そしてその特殊性ゆえに社会全体で通用するスキルは得られません。

だから鉄道会社がなくなっても社会で生き残れるスキルがほしい、

そのために私はクラウドソーシング経由で副業を続けています。

今のところ最大で月1,2万円くらいが限度だったのですが、

実績の少ない私では中々仕事が取れないのです。

企業に例えるなら、ゼロから出発してまだ半年も経っていない、

ヒヨッコですからね。そんな私に仕事を振ってくださる方のために

仕事は全力で取り組んでいきます。

 

”働き方”はもっと柔軟であっていい

今回のコロナウイルス騒動によって、

企業側もリモートワークの重要性に気付いたでしょう。

働き方はもっと柔軟であってよい、という認識が日本社会全体に

広がっていくキッカケとなるのではないでしょうか。

 

もちろんリモートワークでは絶対にできない仕事はあります。

私のような鉄道業などインフラ業界、医療現場、物流、

でも事務仕事とか、営業マンなら全部とまではいかなくても

ある程度の仕事はリモートワークで出来ます。

 

私が前職の某部署はリモートワーク環境の導入に伴い、

原則として直行直帰を奨励してくれました。

顧客訪問後に帰社する必要がないので、顧客訪問後は

近くのカフェで仕事をしてそのまま帰っていました。

ネットワーク環境がマジでク○だったのでイライラしましたが(笑)

でも帰社する時間のことを考えたらとっても効率的でしたね。

 

先ほど申し上げた、働きたくても働けないママさんたち、

この貴重な労働力を活かすことが出来るのは当然企業側なのです。

日本企業は「人手が足りない( ;∀;)と嘆く前に

リモートワーク環境を整える必要があると私は思います。

 

あ~まとまらない文章で申し訳ありません。

思ったことを書きなぐってしまいました。